TOP 活動報告 SRID Journal SRID Journal リンク


SRID とは?

-SRID設立の趣旨
  1.目的
  2.組織
  3.活動
-会長ご挨拶
-SRIDの歴史
  歴代会長
-幹事会
  代表幹事ご挨拶
  幹事会メンバーと役割分担
-会則
-入会ご案内





 設立の趣旨

 戦後わが国は急速な経済発展を遂げ、国際社会における日本の役割は極めて大きくなってきています。今後とも、日本が国際社会の中で調和を保ちつつ発展していくために、「発展途上国の開発問題」はますます大切な問題であり、今世紀に残された最大の課題の一つと考えられています。
 こうした状況の中で、最近、日本人の中からも国際開発問題に興味を持ち、国内外の開発関連機関等で活躍する人々が多くなってきました。しかしながら、国際開発問題に関し、国際的スケールで活躍するためには、専門家としての個人的能力に加えて、その活動を各方面から支えていくための「人的ネットワーク」の形成が不可欠と思われます。特に国際機関その他海外で活躍する日本人の開発研究者は、ともすれば情報面で偏りがちであり、日本国内の専門家との連絡も不十分になりがちです。また、帰国後は、新しい情報と蓄積された経験を分け合いながら、また相互に刺激しあって開発問題への興味を維持してゆく機会が広く求められています。
 このような状況にかんがみ、国際開発問題に現に携っており、あるいはその研究に情熱を傾けている者が、国内外において人的連携を保ち意見交換と啓発の場をつくり、国際開発問題の見識を深め、たがいの開発研究者としての活動の発展と相互親睦をはかることは、今後日本が国際開発問題に大きく寄与していくうえでぜひとも必要であると考えられます。
 国際開発研究者協会(Society of Researchers for International Development)は、以上のような認識のもとに、1974年10月24日有志によって設立されました。


1.目的

国際開発研究者協会(以下SRIDと称する)は、国際開発問題にたずさわり、あるいは研究において情熱を傾けている者が、国内および海外において人的連携を保つことにより相互の親睦をはかり、たがいに開発研究者として創造力あふれた活動をするために、励まし、協力し、啓発しあうことを目的としています。


2.特色

日本政府及び政府機関、国際機関、民間企業、学界、NPO・NGO等で長く国際開発問題に携わってきたメンバーと、今後この分野での活躍を期待される若手のメンバーが、業種と世代を超えて意見交換を行い、ユニークなネットワークの場を提供しています。

3.活動

SRIDは以下の活動を行なっています。

(1) SRIDジャーナルの発行
毎年2回、1月と7月に電子ジャーナルを発行して、国際開発のあり方、進め方について、斬新で面白く、知的で革新的な考えとアイデイアを情報として世界に向けて発信しています。内容は学術論文集を目指したものではなく、個人の考えとアイデイアを率直に出し合って、発信することを一番大きな目的としており、論説、インサイト、提言、書評、エッセイ、途上国の写真集など、極めて多彩な読み物で充実しています。

(2) SRIDキャリア開発事業
SRID会員が有する知識・経験を外部に提供します。人材育成の場を「SRIDキャリア開発塾」と称し、以下の事業を行います。
①出張講座、②プロフェッショナル能力開発・向上研修、③キャリア開発カウンセリング、④国際協力活動を行う学生団体を含めた他団体との連携

(3) 懇談会の開催
外部専門家、及びSRID会員が国際開発に関する時宜を得た話題を提供し、勉強会を行います。終了後に講師との名刺交換を行うネットワーキング懇親会を開催します。

(4) SRIDフォーラムの開催
事前に設定されたテーマについて、パネル討論形式で会員がプレゼンと討論を行います。

(5) サロンの開催
会員や外部のゲストを招き、夕食・ワイン付きで最新トピックに関する自由討論を楽しみます。

(6) ニューズレターの発行
原則として毎月1回、会員の寄稿による評論、エッセイ、お知らせ等を掲載します。


 

                 会長ご挨拶



Michio Kanda
神田 道男


今年は、令和になって初めての新年を迎えるが、SRIDは創設から47年目を迎える。近年のシンポジウム、フォーラムから、何をテーマとし、議論してきたかを振り返ってみると、2011年度は「新時代のODAの役割」、2013年度は「第一世代から第二世代へ伝えたいこと」、2014年度は「G20時代の開発協力-変貌するODAの役割と対応-」、2015年度は「SDGs時代のODAを考える」、2018年度は「国際協力に今、何ができるか:ODAの役割を探る」、昨年度は「変貌する国際協力を展望する」と、国際協力の枠組みの変化へ対応に関心を寄せている。

振り返ってみると、開発協力は先進国から途上国の開発を支援するものと考えられてきたが、1990年代以降、日本が経済の低成長に苦慮している間に、途上国は高度成長時代を迎え、新興国と言われる国々が出現するとともにアフリカなどの脆弱国と言われる取り残された国々が明確になった。先進国、中進国(新興国)、脆弱国と状況のもとで開発協力の目標も複雑化した。シンポジウムのテーマも気づけば、援助環境の変化への対応を模索したものになっているように見える。

国を単位とした開発問題から国を越えたグローバルな課題への取り組みが目立つようになっている。ヒト、モノ、カネ、情報が自由に行きかうグローバル化した状況下での開発協力の進め方が課題となっている。日本にとって今年度の話題は、間違いなくオリンピックであり、人の移動とスポーツの祭典が見られたはずであった。また、気候変動やこれと対応する防災も大きなテーマであったであろう。デジタルマネーの議論も現実味を感じさせていた。しかし、突然、降ってわいたようなコロナウィルスという感染症がグローバル化した世界を襲うこととなった。

人の移動の制限により、観光や輸送業界は大きなダメッジを受け、モノの生産が滞るなど、サプライチェーンのグローバル化と国別に行わざるを得ないコロナ対策の矛盾が露わになり、たまたま重なった石油価格の下落とともに、株価が暴落し世界恐慌の様相を呈している。通常の不況であれば、様々な対策で需要の落ち込みを防ぐことができるが、ヒトやモノを動かせない状況で、政策の効果が発揮されるものか、予断を許さない状況にある。

コロナウィルス対策の違いは各国の社会制度、文化の違いを具体的な形で明らかにしつつある。情報や人の動きが統制されている権威主義的な中国、感染症対策でも反日で味付けをする韓国、高みの見物から、足元に火がついて慌てで対応を始めたトランプ大統領の米国、被害なしとダンマリを決め込むソ連や北朝鮮、中国に気を使いパンデミックの警告が遅れたWHOなど、日頃わからない各国の違い、国際機関の実力などが、ウィルスをリトマス試験紙として、その反応の違いが目に見える形で伝わってくる。開発援助も、同じようなテーマに取り組むとしても、こうした各国の違いを考慮して進める必要があることが改めて実感される。また、開発を考える場合も、効率性に加えて、安全性やリスク対応を含めて考えていくことの重要性も感じさせる年明けとなった。

今年度も、様々な活動を企画し、会員間のコミュニケーションを大切に、運営していきたいと考えています。会員のそれぞれの生活スタイルに合わせ、フォーラム,懇談会、ニューズレターへの投稿など積極的参加をお願いいたします。

                   神田道男   2020年5月10日




 

SRIDの歴史
  
歴代会長    

  1974  大来 佐武郎大来 佐武郎   海外経済協力基金総裁 (元外務大臣)
  1980   宍戸 寿雄   日興リサーチセンター 理事長
  1983   三上 良悌   ㈱ユニコ・インターナショナル 社長
  1990   松本  洋   国際文化会館 専務理事
  1995   斎藤  優   中央大学 教授
  1998   浅沼 信爾   一橋大学大学院 教授
  2003   高橋 一生   国際基督教大学 教授
  2012   今井 正幸     ㈱ピーピーエス 代表取締役
  2015   藤村 建夫     ミャンマー日本・エコツーリズム会長


 

幹事会

                     代表幹事ご挨拶



Fumihiko Kobayashi
小林 文彦

一年前の代表幹事就任にあたっての活動方針の中で「現在のSRIDの活動を会員のより一層の参加を得ながら継続していく」ことを申し上げましたが、概ねそれを達成できたことにつき、共に活動して頂いた幹事や会員の方々に御礼を申し上げたいと思います。特に昨年10月19日開催のフォーラムは、これまでのシンポジウムを改変した形態での二回目であり、神田会長と加藤・中島担当幹事が中心となり、多くの示唆と知的刺激を持ったものとすることができました。また、その際の新たな試みとしてアメリカ・インドネシア・ベナン在留のSRID会員にもスカイプで参加して頂きました。とりわけジャカルタ駐在中の小川会員は、バンドンでの会議を中座してフォーラムで発表するという離れ業を演じられました。

他のSRID活動を見ると、懇談会とジャーナルは順調に運営ができており、懇談会に参加された様々なバックグラウンドを持つ非会員の方がジャーナルの新規読者となり、さらに既存のジャーナル読者が懇談会にも参加されるという相乗効果も生まれています。キャリア開発事業は三年の試行期間を経て、多くを学ぶことができ、今後より持続的な活動内容を目指していきます。ニューズレターは本年3月に創刊以来500号という大きなマイルストーンを達成し、SRIDの長い歴史を綴ってきた媒体であることを再認識させてくれました。会員数は63名と前年比1名減ですが、新規会員5名のほとんどが、SRIDの諸活動を通じてSRIDを知り新規会員となった方達であり、SRIDの将来をいずれ担っていただけると期待しています。

そこで今年度もこれまでの延長線上でのSRID活動を考えていましたが、世界は今新型コロナウィルス感染の脅威に晒され、不確実のどん底に突き落とされています。SRIDもその影響を受けており、例えば本年3月10日に予定していた第6回懇談会は多くの参加登録者があったにも拘らず、感染リスクを避ける為に延期としました。また、3月と4月の幹事会はスカイプを活用しました。実は3月中旬に某研修会社に頼まれて以下の文章を作りました。これは私が同社で定期的に開催している新興国に於けるプロジェクトファイナンス不良債権回収に関するセミナーの販促の為に準備したものですが、誇張はありません。

『世界的な大流行(パンデミック)となった新型コロナウィルス感染は、多くのプロジェクトファイナンス案件においても、その不良債権化を引き起こすことが危惧されています。これまで世界は1997年アジア通貨危機、2001年アルゼンチン危機、2008年金融危機(リーマンショック)などを経験してきていますが、それらの影響を受けた地域や業種は比較的限定されたものでした。しかし、今回は世界全域で同時多発的に様々な分野の経済活動が停滞してきており、未曾有の経済危機となる可能性を孕んでいます。よって、各企業はクライシス対応ができる組織と人材の確保が急務であり、その為に「海外プロジェクトファイナンス案件の管理と不良債権回収」も忘れてはならない分野です。』

新型コロナウィルス感染はいずれ収束していくと思いますが、新興国を含む全世界が計り知れない打撃を受ける中で、命を医療的に救うことのみならず、人々の生活を守るための様々な対応が必要となります。さらに、危機終焉からの速やかな回復も達成していかなければなりません。特に新興国においては、先進国が支援人材派遣や財政・金融支援を行う余裕が少ないところで、いかに人的被害を最小限に食い止めて対応できるかが問題になると危惧されます。SRIDにできることは自ずと限界がありますが、まず感染を抑制する為の「Stay at home」やSRID諸活動形態の見直しなど、皆さんと共にできることやっていきたいと思います。

            小林文彦   2020年5月10日




  幹事会メンバーと役割分担(2020年度)

  会長      神田道男   
  代表幹事      小林文彦   
  【総務】      山下道子   
  【広報】   ホームページ

  フェイスブック
  山岡和純

  田中信行
  【活動】   ジャーナル編集

  ニューズレター

  懇談会

  シンポジウム

  キャリア開発事業

  他団体との連携
  藤村建夫ほか編集委員6名 中島千秋

  神田道男  山岡和純  山下道子

  小林文彦  秋田祐一郎 中沢賢治

  神田道男  松田教男

  小久保和代ほか運営委員5名

  神田道男  不破吉太郎
  【会計監査】      小林 一   
  【事務局】      山下道子   
  

過去の役員構成
  2002-2019年度


 



   SRIDの会則



 


入会ご案内

国際協力関係の仕事についている方、あるいはご関心のある方は、誰でも入会を申請することができます。 入会申請フォーム に必要事項を入力し送信してください。(申込書の受信を確認次第、受信確認のメールを返信いたします。申込書の送信後48時間以内に返信がない場合は、下記事務局にお問い合わせください)

幹事会で入会が承認されれば、年会費8,000円(35歳以上)または5,000円(35歳未満))をお支払いいただき、正会員になることができます。学生の方は年会費3,000円(院生)、または1,500円(学部生)をお支払いいただき、学生会員として入会することができます。

入会後は会員間のグループメールにアドレスが登録され、SRIDホームページの会員専用エリアへのアクセスが可能になります。グループメールではニュースレター、総会・幹事会・懇談会・フォーラムなどのご案内と議事録、関連団体からのイベント案内、ニュースなどが配信されます。

現在の主たる活動は、4月の年次総会(終了後に懇親会)、年に3~4回のペースで随時開催する懇談会(有識者を招いて開く勉強会)、秋に開催するフォーラム(会員のパネル討論会)、会員宅でのサロン(会食付きの勉強会)、SRIDジャーナル(外部に向けて年に2回発信)、ニューズレター(会員向けに年に7~8回発行)、若手の育成と事業支援を目的に新たに始めたキャリア開発事業などです。詳しくはホームページの各活動をご覧ください。


問合せ先(事務局):山下道子(事務局長)
事務局宛Email


 
ML>