TOP 活動報告 SRID Journal SRID Journal リンク


SRID とは?

-SRID設立の趣旨
  1.目的
  2.組織
  3.活動
-会長ご挨拶
-SRIDの歴史
  歴代会長
-幹事会
  代表幹事ご挨拶
  幹事会メンバーと役割分担
-会則
-入会ご案内





 設立の趣旨

 戦後わが国は急速な経済発展を遂げ、国際社会における日本の役割は極めて大きくなってきています。今後とも、日本が国際社会の中で調和を保ちつつ発展していくために、「発展途上国の開発問題」はますます大切な問題であり、今世紀に残された最大の課題の一つと考えられています。
 こうした状況の中で、最近、日本人の中からも国際開発問題に興味を持ち、国内外の開発関連機関等で活躍する人々が多くなってきました。しかしながら、国際開発問題に関し、国際的スケールで活躍するためには、専門家としての個人的能力に加えて、その活動を各方面から支えていくための「人的ネットワーク」の形成が不可欠と思われます。特に国際機関その他海外で活躍する日本人の開発研究者は、ともすれば情報面で偏りがちであり、日本国内の専門家との連絡も不十分になりがちです。また、帰国後は、新しい情報と蓄積された経験を分け合いながら、また相互に刺激しあって開発問題への興味を維持してゆく機会が広く求められています。
 このような状況にかんがみ、国際開発問題に現に携っており、あるいはその研究に情熱を傾けている者が、国内外において人的連携を保ち意見交換と啓発の場をつくり、国際開発問題の見識を深め、たがいの開発研究者としての活動の発展と相互親睦をはかることは、今後日本が国際開発問題に大きく寄与していくうえでぜひとも必要であると考えられます。
 国際開発研究者協会(Society of Researchers for International Development)は、以上のような認識のもとに、1974年10月24日有志によって設立されました。


1.目的

国際開発研究者協会(以下SRIDと称する)は、国際開発問題にたずさわり、あるいは研究において情熱を傾けている者が、国内および海外において人的連携を保つことにより相互の親睦をはかり、たがいに開発研究者として創造力あふれた活動をするために、励まし、協力し、啓発しあうことを目的としています。


2.特色

日本政府及び政府機関、国際機関、民間企業、学界、NPO・NGO等で長く国際開発問題に携わってきたメンバーと、今後この分野での活躍を期待される若手のメンバーが、業種と世代を超えて意見交換を行い、ユニークなネットワークの場を提供しています。

3.活動

SRIDは以下の活動を行なっています。

(1) SRIDジャーナルの発行
毎年2回、1月と7月に電子ジャーナルを発行して、国際開発のあり方、進め方について、斬新で面白く、知的で革新的な考えとアイデイアを情報として世界に向けて発信しています。内容は学術論文集を目指したものではなく、個人の考えとアイデイアを率直に出し合って、発信することを一番大きな目的としており、論説、インサイト、提言、書評、エッセイ、途上国の写真集など、極めて多彩な読み物で充実しています。

(2) SRIDキャリア開発事業
SRID会員が有する知識・経験を外部に提供します。人材育成の場を「SRIDキャリア開発塾」と称し、以下の事業を行います。
①出張講座、②プロフェッショナル能力開発・向上研修、③キャリア開発カウンセリング、④国際協力活動を行う学生団体を含めた他団体との連携

(3) 懇談会の開催
外部専門家、及びSRID会員が国際開発に関する時宜を得た話題を提供し、勉強会を行います。終了後に講師との名刺交換を行うネットワーキング懇親会を開催します。

(4) SRIDフォーラムの開催
事前に設定されたテーマについて、パネル討論形式で会員がプレゼンと討論を行います。

(5) サロンの開催
会員や外部のゲストを招き、夕食・ワイン付きで最新トピックに関する自由討論を楽しみます。

(6) ニューズレターの発行
原則として毎月1回、会員の寄稿による評論、エッセイ、お知らせ等を掲載します。


 

         会長ご挨拶



Michio Kanda
神田 道男


昨年の挨拶では、国際社会が1990年代からの成長の差異により、先進国、新興国、脆弱国と多様化し、国際開発協力が単に先進国から途上国の開発を支援するものから、グローバルな課題を解決する支援へと変化してきていること、SRIDの活動がこうした援助環境の変化への対応を模索したものになっていることを述べました。アメリカがバイデン政権に変わったことなど新たな要素もありますが、この状況は大きくは変わっていないと思います。

コロナ対策が引き続き重要な課題となっていますが、2021年(令和3)はSDGsや気候変動対策の目標年次とする2030年に、残すところ10年となり、国際的にはその成否、評価に向けた議論が始まるべき年と思います。国内的には2021年はまた、東日本大震災から10年の節目を迎え、復興の現状と課題が議論されています。繰り越された「東京オリンピック・パラリンピック2020」の開催も予定されています。しかし、2019年に始まったCOVID-19の収まる見通しがつかない中、こうした課題への議論や取り組みも、広く議論していく余裕がなく、関心の強い人々の間での議論に留まっているように思われます。国際政治に目を転じると、中東やアフリカでの紛争が収まらず、ミャンマーではロヒンギャ―難民の解決に苦慮する中、軍事クーデターが起こってしまいました。タイやカンボジアの政権の現状を見ると、大陸側の東南アジアでの権威主義的傾向が強まっているように思えます。

2020年のSRIDの活動の多くは、ZOOMなどを使ったリモートで行われました。対面で会話や懇談が出来ず、友人を広めることは難しいものがありましたが、国外や地方からの参加が得られるという良い点も新たな発見でした。2021年も当面リモートを活用した活動になると思われますが、こうした利点を活用して効果的な活動を進めていきたいと思います。2020年度には、キャリア開発事業でのカウンセリングを懇談会とリンクする試みがなされ、国際開発ジャーナルと組んだ「国際機関のキャリア研修」の準備も進みました。サロンのZOOMによる開催や、他団体との意見交換会など新たな試みも行われました。今年度は、ニュ-ズレター、SRIDジャーナル、懇談会、フォーラムなどの従来からの活動に加え、こうした新たな活動を行い、できるだけ多くの会員の参加を得ることで、国際開発の課題に幅広く取り組んでいきたいと思います。

最後になりますが、リモートによる活動が主体となったことから、活動費に予算的余裕が生じたため、2021年度は特別措置として会費を半減して活動計画を立てました。今年度の活動状況によっては、規約の改正も検討していく必要があると考えております。

                   神田道男   2021年4月24日




 

SRIDの歴史
  
歴代会長    

  1974  大来 佐武郎大来 佐武郎   海外経済協力基金総裁 (元外務大臣)
  1980   宍戸 寿雄   日興リサーチセンター 理事長
  1983   三上 良悌   ㈱ユニコ・インターナショナル 社長
  1990   松本  洋   国際文化会館 専務理事
  1995   斎藤  優   中央大学 教授
  1998   浅沼 信爾   一橋大学大学院 教授
  2003   高橋 一生   国際基督教大学 教授
  2012   今井 正幸     ㈱ピーピーエス 代表取締役
  2015   藤村 建夫     ミャンマー日本・エコツーリズム会長


 

幹事会

                     代表幹事ご挨拶



Fumihiko Kobayashi
小林 文彦

私の代表幹事2年目となった2020年度は、コロナ禍の為にSRID活動の多くをオンラインに移行しましたが、結果的に時間と費用が節約できる大変便利な変化となりました。SRIDでは2019年度より、スカイプを部分的に使用した幹事会・フォーラム・懇談会を行ってきたという土台もあったためか、比較的スムーズに全ての行事についてZoomを使用して開催できました。これにより、参加者は自宅から手軽にアクセスでき、行事参加にかかるストレスも大幅に削減できました。さらに、対面開催時に必要であった会場手配や飲食、そして配布書類手配などの経費が不要となった為に運営経費が大幅減となり、2021年度はSRIDの年会費を半減することとしました。

オンライン化の利便性が顕著に現れたのは懇談会であり、その波及効果はジャーナルとキャリアカウンセリングにも及びました。以前の対面式懇談会では参加者が30名前後であったものが、オンライン開催とした5回の懇談会全てで参加登録者が100名程度となり、SRIDの外部への露出度が大きく増加しました。さらに、参加申込にGoogleフォームを使用してジャーナルやキャリアカウンセリングに関する質問を含めた結果、ジャーナル読者やキャリアカウンセリング受講者の増加に繋げることができました。

キャリア開発事業は新しい運営委員会の下で、ホームページの改訂や開発塾講師陣のアップデート、そして短期研修コース新設準備などが行われ、これまで以上に充実した内容となって来ました。私自身が行った複数のキャリアカウンセリングを通じて感じたのは、コロナ禍であっても、多くの方が国際開発分野を目指して海外留学を含めた様々な挑戦を続けており、SRIDが本事業を通じて社会貢献できることは多い、ということです。より多くの会員の本事業への参加をお願いしたいと思います。

2020年度に実現した新しい活動として、(1)「他団体との連携」と、(2)「サロン」があります。(1)「他団体との連携」については、過去数年にわたり具体的な活動内容を模索してきましたが、不破担当幹事の発案でコンゴ民主共和国の人権侵害問題に取り組んでいるRita-Congoとの連携セミナーを開催しました。SRIDには国際開発の様々な分野で専門的な知見を持つ多彩な会員がいますが、このセミナーではSRID会員参加者から多くの示唆のあるコメントが出され、SRIDとRita-Congo双方に有意義なものとなりました。(2)「サロン」は、SRID行事のオンライン化の為に、懇談会やフォーラム後の懇親会、及び、新年会のような会員同士の懇親の場がなくなってしまったことを補う為に新設されました。具体的には、2月に中沢会員の写真展をオンラインで開催し、これまで多くの写真展で受賞されている中沢会員の素晴らしい写真の数々を堪能できました。今後も様々な興味深い内容の連携セミナーとサロンの開催を目指していきます。

最後になりますが、2021年度の役員構成(案)には大きな変化が含まれています。それは、ジャーナル編集委員長が藤村会員から湊会員に交代したことです。藤村会員は2015年から四年間、会長としてSRID活動を牽引し、ジャーナルについては10年前の創設以来、編集委員長として活躍されてきました。現在の外部登録読者数は500人を超え、SRIDの重要な情報発信メディアとなっています。この場を借りて、藤村会員のこれまでのご尽力に御礼を申し上げるとともに、今後ともSRID活動に積極的にご参加いただくようお願いします。

            小林文彦   2021年4月24日




  幹事会メンバーと役割分担(2021年度)

  会長      神田道男   
  代表幹事      小林文彦   
  【総務】      山下道子   
  【広報】   ホームページ

  フェイスブック
  山岡和純

  田中信行
  【活動】   ジャーナル編集

  ニューズレター

  懇談会

  フォーラム

  キャリア開発事業

  他団体との連携<

  サロン
  湊直信ほか編集委員7名

  神田道男  山岡和純  山下道子

  小林文彦  秋田祐一郎  中沢賢治

  神田道男  松田教男  玉置佳一

  小久保和代ほか運営委員6名

  不破吉太郎  玉置佳一

  藤村建夫  山下道子
  【会計監査】      小林 一   
  【事務局】      山下道子   
  

過去の役員構成
  2002-2020年度


 



   SRIDの会則



 


入会ご案内 ☚ クリックすると入会ご案内のFlyerをご覧いただけます

国際協力関係の仕事についている方、あるいはご関心のある方は、誰でも入会を申請することができます。 入会申請フォーム に必要事項を入力し送信してください。(申込書の受信を確認次第、受信確認のメールを返信いたします。申込書の送信後48時間以内に返信がない場合は、下記事務局にお問い合わせください)

幹事会で入会が承認されれば、年会費8,000円(35歳以上)または5,000円(35歳未満))をお支払いいただき、正会員になることができます。学生の方は年会費3,000円(院生)、または1,500円(学部生)をお支払いいただき、学生会員として入会することができます。なお、2021年度のこれらの会費につきましては、新型コロナ感染症に対する特別対応期間としてそれぞれ半額に減額しています。ご入会をご検討中の方は是非この機会をご活用ください。

入会後は会員間のグループメールにアドレスが登録され、SRIDホームページの会員専用エリアへのアクセスが可能になります。グループメールではニュースレター、総会・幹事会・懇談会・フォーラムなどのご案内と議事録、関連団体からのイベント案内、ニュースなどが配信されます。

現在の主たる活動は、4月の年次総会(終了後に懇親会)、年に3~4回のペースで随時開催する懇談会(有識者を招いて開く勉強会)、秋に開催するフォーラム(会員のパネル討論会)、会員宅でのサロン(会食付きの勉強会)、SRIDジャーナル(外部に向けて年に2回発信)、ニューズレター(会員向けに年に7~8回発行)、若手の育成と事業支援を目的に新たに始めたキャリア開発事業などです。詳しくはホームページの各活動をご覧ください。


問合せ先(事務局):山下道子(事務局長)
事務局宛Email


 
ML>