TOP 活動報告 SRID Journal SRID Journal リンク


SRID とは?

-SRID設立の趣旨
  1.目的
  2.組織
  3.活動
-会長ご挨拶
-SRIDの歴史
  歴代会長
-幹事会
  代表幹事ご挨拶
  幹事会メンバーと役割分担
-会則
-入会ご案内





 設立の趣旨

 戦後わが国は急速な経済発展を遂げ、国際社会における日本の役割は極めて大きくなってきています。今後とも、日本が国際社会の中で調和を保ちつつ発展していくために、「発展途上国の開発問題」はますます大切な問題であり、今世紀に残された最大の課題の一つと考えられています。
 こうした状況の中で、最近、日本人の中からも国際開発問題に興味を持ち、国内外の開発関連機関等で活躍する人々が多くなってきました。しかしながら、国際開発問題に関し、国際的スケールで活躍するためには、専門家としての個人的能力に加えて、その活動を各方面から支えていくための「人的ネットワーク」の形成が不可欠と思われます。特に国際機関その他海外で活躍する日本人の開発研究者は、ともすれば情報面で偏りがちであり、日本国内の専門家との連絡も不十分になりがちです。また、帰国後は、新しい情報と蓄積された経験を分け合いながら、また相互に刺激しあって開発問題への興味を維持してゆく機会が広く求められています。
 このような状況にかんがみ、国際開発問題に現に携っており、あるいはその研究に情熱を傾けている者が、国内外において人的連携を保ち意見交換と啓発の場をつくり、国際開発問題の見識を深め、たがいの開発研究者としての活動の発展と相互親睦をはかることは、今後日本が国際開発問題に大きく寄与していくうえでぜひとも必要であると考えられます。
 国際開発研究者協会(Society of Researchers for International Development)は、以上のような認識のもとに、1974年10月24日有志によって設立されました。


1.目的

国際開発研究者協会(以下SRIDと称する)は、国際開発問題にたずさわり、あるいは研究において情熱を傾けている者が、国内および海外において人的連携を保つことにより相互の親睦をはかり、たがいに開発研究者として創造力あふれた活動をするために、励まし、協力し、啓発しあうことを目的としています。


2.組織

SRIDは任意団体で、原則として個人会員によって構成されています。SRIDの運営は総会で選出された会長および幹事会(代表幹事)を中心に行なわれ、別に事務局がおかれています。SRIDの組織を図示すると次のようになっています。

3.活動

SRIDは以下の活動を行なっています。

(1) SRIDジャーナルの発行
毎年2回、1月と7月に電子ジャーナルを発行して、国際開発のあり方、進め方について、斬新で面白く、知的で革新的な考えとアイデイアを情報として世界に向けて発信しています。内容は学術論文集を目指したものではなく、個人の考えとアイデイアを率直に出し合って、発信することを一番大きな目的としており、論説、インサイト、提言、書評、エッセイ、途上国の写真集など、極めて多彩な読み物で充実しています。

(2) 月例懇談会の開催
kondankaiSRID会員および専門家から国際開発に関する時宜を得た話題を提供していただいています。
またSRID海外会員の帰国報告会も行なっています。

(3) シンポジウムの開催
シンポジウムにおいて事前に設定されたテーマを中心に討論が行なわれ、報告書としてまとめられています。

(4) 資料情報の配布
国内外のSRID会員から提供された資料、情報を基に作成した資料を随時配布しています。

(5) 会員録及び住所録の作成
会員の経歴、業績、人脈、趣味、自画像等会員録の形で定期的に作成しています。

(6) ニュースレターの発行
毎月1回会員の寄稿により国際開発の現状報告、研究報告などが発表されるほか、事務局から「会員往来」「幹事会から」等が掲載されています。

(7) グループ活動の助成推進
国際開発に関する小規模の研究会やグループ活動に対して資金の助成を行なっています。ただし幹事会の審査が必要とされています。


 

                 会長ご挨拶



Tatsuo Fujimura
藤村 建夫


国際開発研究者協会(SRID)は1974年、故大来佐武郎先生の肝いりで設立されて以来、国際開発プロが集うサロンという役割を果たしてきました。会員は、サロンに集まると、喧々諤々の議論を交えて、開発途上国の開発戦略や日本の開発協力の在り方について研究、提言、意見交換をしてきました。

国際開発協力の効果は、新興国の台頭に象徴されるように、近年かなり多くの開発途上国が経済発展を遂げて、目に見えるようになりました。他方、未だに開発が進まない最貧国、脆弱国等があり、開発の推進が待たれている国々があるのも事実です。

国際社会は今年で終了するMDGの後の目標となる「ポスト2015の目標」について、2015年9月の国連総会において「SDG」を決めることにしています。MDGは開発途上国が達成すべき目標とこれに協力する先進国の努力を設定したのに対して、SDGは先進国と途上国が共に協力して持続的な開発を一緒に努力する目標を設定しようとしているのが特徴です。

このように国際開発協力は、開発途上国とこれを支援する政府開発援助が開発協力の中心であった時代から、地球全体の開発課題と民間投資が開発協力の手段として大きな役割を果たす時代へと変化しました。この結果、誰もが開発課題の当事者となった現在、日本人の関心も自分たちが開発課題の当事者であるという考えに立って、計画、実施すべき状況になっています。

SRIDは、こうした社会の変化に適応しつつ、会員を結ぶ「絆」を大切にしながら、「知的好奇心を誘う自由に語り合う熱い議論の場」と、「グローバルな問題解決のために、当事者意識をもって革新的なアイデイアを求める場」を提供します。そして、国際開発プロに個性的なサロンを提供すると共に、公開機関誌『SRIDジャーナル』を年2回発行することによって、グローバルな開発の潮流や途上国の現状と逸話など、プロに役立つ情報を対外的に発信しています。『SRIDジャーナル』は、気軽に楽しく読めて、ちょっと知的で面白く、しかもきらりと光るアイデイアと情報を発信することを心掛けています。

サロンは、精神の憩を得ると共に、自らを研鑽し、人脈の輪を広げ、会員同士が助け合うことができる場です。更に、今後は、他の関連するネットワークとの協力・交流活動の輪を広げ、より多くの女性と若者にも参加してもらい、信頼される活動の場を提供したいと思います。

                   藤村建夫   2015年4月23日




 

SRIDの歴史
  
歴代会長    

  1974  大来 佐武郎大来 佐武郎   海外経済協力基金総裁 (元外務大臣)
  1980   宍戸 寿雄   日興リサーチセンター 理事長
  1983   三上 良悌   潟ニコ・インターナショナル 社長
  1990   松本  洋   国際文化会館 専務理事
  1995   斎藤  優   中央大学 教授
  1998   浅沼 信爾   一橋大学大学院 教授
  2003   高橋 一生   国際基督教大学 教授
  2012   今井 正幸     潟sーピーエス 代表取締役


 

幹事会

                     代表幹事ご挨拶



Michio Kanda
神田 道男

新たに代表幹事を務めさせて頂くことになりました。2014年度は、これまでのODAを中心とする開発協力の成果と課題をテーマに40周年記念シンポジウムを開催し、変化する国際開発の状況を踏まえて、今後のSRIDの役割と可能性を再考しました。2015年度は、40年を一つの区切りとして、新たな40年へ向けて出発する年と位置づけ、会則の改正、SRIDの会員の増強を図るとともに、SRID会員の多様な関心、期待に応えた、イノベイティブな活動を行っていければと思います。

特に、今年は、国際的にも新たな目標であるSDGsの議論や気候変動対策の新たな枠組みの検討が展開しており、国際開発を狭義に捉えるのではなく、外交、エネルギー、貿易投資等、その周辺分野のテーマとの関連でも取り上げていきたいと思います。こうした活動を通して、新会長のもと、あらたなSRID活動の意義を明らかにしていく所存です。

            神田道男   2015年4月23日




  幹事会メンバーと役割分担(2016年度)

 
  会長      藤村 建夫   
  代表幹事      神田 道男   
  【総務】      事務局(兼)   
  【広報】   ホームページ等   山岡 和純
  【活動】   ジャーナル
  ニュースレター
  懇談会
  シンポジウム等
  他団体との連携
  国際協力人材育成
  藤村 建夫(兼)、編集委員5名
  山下 道子(兼)、山岡 和純(兼)
  鈴井 宣行
  神田 道男(兼)
  湊  直信
  中澤 賢治
  【会計監査】      小林  一   
  【事務局】      山下 道子   
  【学生部】      三谷 宏明   
  

過去の役員構成
  2002−2015年度  ( PDF430KB)


 



   SRIDの会則



 


入会ご案内

国際協力関係の仕事についている方、あるいはご関心のある方は、誰でも入会を申請することができます。入会申請書類(申込書及び経歴書)をダウンロードして、事務局のメールアドレス宛に送信してください。

幹事会で入会が承認されれば、年会費8,000円(35歳以上)または5,000円(35歳未満))をお支払いいただき、正会員になることができます。学生の方は年会費3,000円(院生)、または1,500円(学部生)をお支払いいただき、学生会員として入会することができます。

入会後は会員間のグループメールにアドレスが登録され、SRIDホームページの会員専用エリアへのアクセスが可能になります。グループメールではニュースレター、総会・幹事会・懇談会・シンポジウムのご案内と議事録、関連団体からのイベント案内、ニュースなどが配信されます。

現在の主たる活動は、1月の新年会、4月の年次総会(終了後に懇親会)、年に3〜4回のペースで随時開催する懇談会(有識者を招いて開く勉強会)、年度末に開催するシンポジウム、会員宅でのサロン(会食付きの勉強会)、SRIDジャーナル(外部に向けて年に2回発信)、ニュースレター(会員向けに年に7〜8回発行)、若手の育成と事業支援を目的に新たに始めたキャリア開発事業などです。詳しくはホームページの各活動をご覧ください。

連絡先:山下道子(事務局長)
事務局宛Email





 
ML>